http://www.jindaikada.com

 グルメ・お魚料理

タイトル
詳細
黒鯛の刺身
今週も黒鯛が上がっています。 22日は、潮が緩み始めた13:30に最初の黒鯛のあたり。 写真のもので、38cmありました。 続けて、32~33cmを追加。 これは、私が刺身にしていただきました。
カマスの塩焼
今週は、写真の黒鯛とカマスが釣れました。 黒鯛の釣り人は奥野さん。 エサはエビの一匹掛けです。 それにしても、エビは高くなりましたね。 ジンダで用意しているエビは、3ヶ月前は500g70バーツだったのが、今では90バーツです。 奥野さんの使っているエビも、1Kg220バーツが300バーツになっているようです。 カマスは、私が小アジのブッコミに来たものです。 カマスが小さいので、ドラッグが鳴ることなかったのが残念でした。 そのカマスは、写真のように塩焼きにしておいしく食べました。
アジの握り
今週は、最近大物が釣れないということで、以前ブログを賑わせた石川さんが、夏休みを利用して訪タイ。 結果は、写真のイトヒキアジの良サイズをヒット。 大物が釣れない時期にもかかわらず、大健闘でした。 五目釣りは、アジ、キス、イトヨリダイと何時もの顔ぶれでイカダ上を賑わせていました。 17日に、Bイカダに上がった滝沢さん。 この日は、終日イカダ周りにアジのナブラが立ち、ジグ釣りで17~18cmを70匹釣っていました。 写真は、アジの握りにして頂きました。 これから、日中の潮が段々良くなって来ますので、釣果も期待できると思います。
シーフードレストラン
シーチャンパレス・ホテルから歩いて200mほどのところ 味はまあまあです。 海沿いで景色が良く、夜になると海上保安庁の中国風の灯台がロマンチックにさせてくれる。 人によりけりではあるが....
シーフードレストラン
チャーリーズ・バンガローの少し先の道端 味と鮮度は抜群です。価格も安い。 氷漬けになった魚介類の中から直接選んで料理法を指示するタイのシーフードレストランの定番方式 ただ、道端の屋台のような客席がもったいない気がする。
<<First Next>
Last>>
ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (ภาษาไทย) E-Mail : info@jindaikada.com Line : jindaikada