http://www.jindaikada.com

 グルメ・お魚料理

タイトル
詳細
鰺のたたき
アジを三枚におろし、中骨を毛抜きで抜きます。 小さく切った後、刻んだショウガ、ネギ、大葉と混ぜ合わせ出来上がり。 しょうが醤油、ニンニク醤油でお召し上がりください。 筏で釣れるアジは大きく分けて3種類あります。 タタキにできるのはシマシマのマテアジかマブタシマアジです。 マテアジは身が赤みがかっています。 マブタシマアジはコリコリとして歯ごたえが良く、美味です。
アジ、キスの握り
写真は、バンコクから来た永田さんのお子さんが釣った、良型のキスです。 また、永田さんが釣ったアジ、キスの握りです。 おいしそーですね。
ハコフグの試食に挑戦
ハコフグの試食に挑戦  土曜日のお客さんから30cmのハコフグ2匹をいただきました。  ジンダハウスのおばちゃんに料理してもらい試食しました。  大変おいしい魚でした。 *料理方法  1.ハコフグをそのまま七輪で炭火焼します。   2.さらにアルミ箔に包んで焼きます。  3.身を醤油につけて、試食です。 *さかな大図鑑より  ハコフグは、皮膚の粘膜にパフトキシンという毒があり、身には毒がない。  食味も、5段階評価で上から2番目の4段階になっています。  ハコフグを直火で焼くのは、皮膚の毒をとっていると解釈しました。  ハコフグは、全体が硬いですが火に焼くと不規則な六角形のウロコ?状に取れ  簡単に身が取り出せます。小骨がなくおいしい身でした。  皆さんも挑戦してみてはいかがですか?
アイゴを開いて干しているものです
魚は、家に持ち帰ってからの下処理が大変です。 ウロコでキッチンは汚れるし、内臓の生臭さで奥さんの評判は必ずもいいものではありません。 そこで、納竿前にイカダの上で下処理をすることをお勧めします。 道具は、料理バサミが一番手早いと思います。 また、落した頭・内臓は魚のえさになりますので魚の居着きが良くなります。 写真は、川瀬さんがアイゴを開いて干しているものです。 味はどうでしたか?
イカダの上でサヨリの刺身
イカダの上で、サヨリの刺身をいただきましたが、コリコリして甘みがあり最高でした。 やっと、サヨリの時期になってきました。 イカダの上でウロコ・内臓を取っていくと、奥方の機嫌も良くなり、また釣りの許可が出るかも・・。
中華まんじゅう
最近、中華まんじゅうの直販店がジンダハウスの近くに出来ましたので紹介します。 1個10Bです。おいしいですよ。
アイゴの干物
アイゴは、乾したのがおいしいということなので、今回船頭の息子(キン Kin)が釣ったのを乾して見ました。 アイゴは、ウロコがないので簡単に背開きできます。 背開きしたものを、イカダの陽のあたるところで2時間も乾せば出来上がりです。 持ち帰り、軽くあぶって食べれば最高においしいです。 準備するものは、毒のあるひれを切るハサミと小型の出刃包丁(なければ果物ナイフ) 塩があれokです。
ハコフグの炭火焼
写真は、8日に来られた野口さんGrにハコフグの30cmが釣れたので さっそく炭火焼して食べました。 皆さんおいしいと好評でした。
アイゴの干物
写真のアイゴは、イカダに居ついているものを「ギャング仕掛け」で釣った物です。 撒き餌にアイゴが集まったところを引っ掛ける釣り方です。 面白いように釣れます。 大きさは、20cm弱。背開きにして、2~3時間干せば出来上がりです。 写真の干し物は、シーチャンパレスで焼いてもらいましたがおいしかったです。 塩分が少し足りなかったので、干す前に塩水に漬け込むか,塩を振って干せばさらにおいしく出来たと思います。
ナンヨウチヌの刺身
オーさんにナンヨウチヌの33cmがあがりました。 体高があり、腹鰭と臂鰭が暗灰色なのでナンヨウチヌと思われます。 プレゼントされたので、刺身にしていただきました。 やっぱりチヌは美味しいですね。感謝感謝。
<<First

<Back

Next>
ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (ภาษาไทย) E-Mail : info@jindaikada.com Line : jindaikada