http://www.jindaikada.com

 グルメ・お魚料理

タイトル
詳細
黒鯛は、やっぱり美味しい
24日は、小型ながらも黒鯛の31cmが筆者に来ました。 ランパンから来た友達と刺身で食べました。 黒鯛は、やっぱり美味しい。
カニが釣れました
嬉しい外道として写真のカニが釣れました。 ワタリガ二に似ていましたが、手か非常に長かった。 釣り人は、前川さん。 上記の黒鯛は、薄造り、刺身、かぶとの塩焼き、ハタは唐揚げ、カニは味噌汁にして美味しく食べました。 今回、シラチャーの日本料理店「七つ釜」で料理してもらいました。 なかなか上手に料理していました。
キス・イトヨリ・シマイサキ、アイゴの刺身
キス・イトヨリ・シマイサキが釣れ、最後にアイゴの25cm級が一枚あがりました。 刺身にして食べましたが、アイゴの刺身はやはり美味しいですね。 写真の刺身は、筆者の力作です。これで、ビール二本飲んでしまいました。
サヨリの干物の作り方
サヨリの干物の作り方を紹介します。 イカダに弁当を届け、待ち時間に釣ったサヨリです。 ウロコを取り、頭を落とし背開きします。 内臓をとって、中骨を切り落します。 腹の黒いところは、歯ブラシを使ってきれいにします。 好みの塩水を作り、味の素を入れて、2時間ぐらい漬け込みます。 風通しの良いところで、一夜干しします。 半乾きでしたら、あまり日持ちはしません。冷蔵庫で1週間ぐらい。 私は、長期保存のため乾きはしっかりします。 干し物を、電子レンジで1分チンすれば即ビールのつまみの出来上がりです。
アイゴの干物
私は、潮がゆるんだときにアイゴの群れを発見。 サイズは、20~25cmありました。 大きいサイズ2匹をシラチャーに持ち帰り刺身で一杯。 久しぶりのアイゴの刺身 美味しかった~。
イカダ上での刺身
20日にAイカダに上がられた栗田さんグループから、小アジながらの釣果とイカダ上での刺身の写真が届きましたので掲載します。
黒鯛の刺身
久々の黒鯛なので、写真のように刺身にしていただきました。 マコは、煮つけにして食べましたが、これも珍味でした。
アジの刺身
16日高橋さんのアジの刺身です。 メールで送信されたものを掲載しました。
アイゴの鮨
先週、アイゴを持ち帰り、アイゴのすしを作りましたので、掲載します。 アイゴのサイズは15~20cmで、三枚におろし、ダイソーでにぎり寿司が簡単にできる容器を購入。 すし飯を詰め、皿に載せわさびを付けて、アイゴを載せれば完了。 アイゴ5匹で5貫、大変おいしくいただきました。
サヨリの干物
小さめのものは、写真のように干物にするとよいと思います。
<<First Next>
ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (ภาษาไทย) E-Mail : info@jindaikada.com Line : jindaikada