http://www.jindaikada.com

 釣果報告(詳細)

9月15日ー16日の釣果

最近、掲載できるような写真がありませんでしたが、なんと私が大物を偶然 釣り上げてしまいました。 魚名プラーサラー(別名ブッタハンド:魚の側線に沿って仏さまの5本の指跡があることから)と、常連さんに聞きました。 体長は、86cm。この魚ではイカダでの記録だそうです。 船頭曰く、1Kg300Bの値段だと言っていました。 5Kgぐらいはあったと思いますので、締めて1500B。 魚はシーチャンパレスに持ち込み、宿泊のお客さんと刺身とトムヤンプラーに して食べました。 刺身は、ピンク色で盛った状態ではおいしそうに見えましたが、脂分がなく チョットパサパサした感じで今ひとつでした。 どうやって、偶然に?釣り上げたかをお話いたします。 いつものように、チヌ竿1号4.5mでサヨリを狙っていましたが、当日は 波があったので釣れず、アジを釣っていました。 アジ・アイゴと釣れ、飽きてきたところに10cmの小アジが釣れたので、この生きエサで何か大きい魚が掛からないかと、ハリスは5号・針も大きめに 替えました。道糸は3号。超小型スピニングリール。飛ばし用にグレ3Bの 浮き。その先に、ピンポン浮き。<サヨリ仕掛けそのまま> 浮き下を1.5mにして20mぐらい流して、ドラッグを緩めって置き竿にしておきました。 別の竿で、キス・イトヨリを釣っていたら突然ドラッグの音。 一気に走られ、ドラッグを少し締めると50~60m先で大きな魚がジャンプ。道糸3号だし、チヌ竿1号ではダメだなーと思っていたら、一緒に上がっていた常連さんからアドバイス。竿がやわらかいから魚を弱らせれば絶対上がる。固い竿だったら切られていただろう。と言ってくれいつもの短気を抑えて 竿を立て我慢。魚とのやり取り15分の末とうとうタモに入れました。 最近ナブラが立っているので、大きな魚がいるだろうとは思っていましたが 本当にいました。 狙って釣ったわけではないけれども、嬉しいの一言です。 そのほかでは、アジは20cm前後と段々と大きくなっています。



チェック

 

投稿者:HIJIKATA
投稿日:2007/09/16 13:07
修正日:2014/07/28 13:07

ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (ภาษาไทย) E-Mail : info@jindaikada.com Line : jindaikada