http://www.jindaikada.com
 釣果報告
年:
Records Count : 727
3月3日ー4日の釣果
今週は、波もなく適度の潮の流れで釣りやすかった。 3日は、ノッポンさんが40cmオーバーのイトヒキアジを釣りあげていました。 写真は、笑顔のノッポンさんです。 4日は、私もBイカダに乗って小物釣り(胴付き仕掛け)をしました。 キス・アジ・イトヨリ・シマイサキと多数釣りました。 写真は、初めて来られた青野さんと池田さん。 キスの良型をたくさん釣って喜んでいました。 Aイカダに上がった菅野さんグループも大物は出なかったものの、良型のキスを 多数釣っていました。 シマイサキは、群れが入ってくると三本針すべてに掛かるという状況でした。 私ごとですが、3月14日から22日まで一時帰国しますが、 17日(土)・18日(日)は通常通り営業します。 携帯電話は日本でも通じます。 当日は、船頭のデンさんが皆さんをご案内いたします。

2月25日ー26日の釣果
今週は、潮が速く大物釣りには良いかな~と思っていました。 残念ながら、シマアジ・ウマズラアジは出ませんでしたが、黒鯛の35cm前後が 4枚、ハタの良型が上がっていました。 釣り人は、オーさん。 釣ったのは、26日。前日の25日、そして27日と同じポイントで釣っていましたが 釣果なし。 この差はなんなんでしょうか? 腕・仕掛け・エサ・運 何でしょうかね? 27日イカダAに乗りました。 潮が速くサビキ(胴付き)釣りは大変でした。 また小魚も、潮に負けていないみたいでした。 潮がゆるむと、いつものキス・イトヨリ・アジ・シマイサキ等が釣れていました。 写真の女性(阪本さんグループ)は、納竿間際にキス・アジ・タイの一種を釣っていました。 私は、潮がゆるんだときにアイゴの群れを発見。 サイズは、20~25cmありました。 大きいサイズ2匹をシラチャーに持ち帰り刺身で一杯。 久しぶりのアイゴの刺身 美味しかった~。

2月18日ー19日の釣果
今週は、18日は波も穏やかで釣り日和でしたが、19日は北寄りの風が吹き、イカダは 大揺れの状況でした。 特に、Aイカダは岸寄りということで波は大きかったです。 釣果は、Aイカダで大きな当たりがあったもののバラシがあったそうです。 写真は、18日Bイカダの小俣さん家族の釣果です。 チヌの20cmと15cmが2枚入っていました。 シマイサキ・イトヨリ・キス等五目釣りを楽しんでいました。 今週は、潮の動きが速いので胴付き釣りは重りを大き目を用意してください。

2月11日ー12日の釣果
今週は、イカダを移動して2週目、さらに潮が動くということで大物の期待が高まった。 やはり、期待は裏切られなかった。 11日、ウマズラアジの80cmが上がりました。 写真は、ウマズラアジをすくい上げた人・目野さんです。 北鼻でのウマズラアジ第一号の釣り人は、奥野さんでした。 12日は、クロダイ・ハタ・イトヒキアジと上がりました。 クロダイは、36cmで大野さんが第一号になりました。 2本針に、エビを2匹付け36cmと20cmの親子を同時に釣りあげていました。 また、イカダ初めての田口さんに43cmのイトヒキアジがヒット。 島方向を攻めていた、筆者に42cmのハタもヒットしました。 五目釣りも、潮が速い中イトヨリ・キス・シマイサキ等が釣れていました。 これから、魚が居付いてきますので、釣果は期待できると思います。

2月4日ー5日の釣果
イカダをシーチャン島北鼻に移動しての初釣りとなりました。 初の大物は?矢倉さんにと思いきや、やっと上がってきたのはカメでした。 甲羅の長さ60cmあろうかという大きな奴でした。 今週は、ほとんど潮が動かず大物はカメのみでした。 小物は、アジ・シマイサキ・キス等が散発ながら釣れています。 小物は、写真のように干せばおいしく食べれます。 辻さんグループは、五目釣りを楽しんでいました。 スペードフィッシュが釣れていることから、潮は動いていなかったようですね。 小物は、イカダでウロコ・内臓をとる下処理をして、白菜・豆腐と一緒に水炊きにすると 手間なしに、おいしく食べれます。 一度やってみてはいかがですか? さて、来週は潮が動きますので期待が持てると思います。 定期船の桟橋は、中国正月中であり、ジンダハウスのある桟橋が離・発着場になります。

1月28日ー29日の釣果
今週は、カームノーイ島での最後の釣りとなりました。 来週から、シーチャン島北鼻に移動します。 カームノーイ最後の釣果はと言いますと、あまり芳しくありませんでした。 小アジ・アイゴの群れと、イカダ底にはエサ取りの小魚という塩梅でした。 その中で、写真の小出さんグループにナマコが釣れ?ました。 20cmはあるおおきな黒ナマコでした。 小出さんグループはこの他に、キス・アジ・アイゴ・イトヨリ・サヨリと数は少ないものの 多種類の魚を釣っていました。ハコフグ・ハタも釣っていました。 この獲物を持って、シラチャーの「なかよし」という居酒屋に行きました。 キスは天婦羅に、アイゴ・イトヨリ・ハタは煮つけに、サヨリは刺身に、小アジは唐揚げに というように料理してもらい、大変おいしくいただきました。 ハコフグは、アルミホイール焼きで、これもおいしく食べました。 肝心の黒ナマコは、包丁を入れただけでパスしました。 24日から中国正月に入っていますので、定期船はジンダハウスのあるターボン桟橋が 離・発着場になります。 また、定期船は満席になったら出発しますので、時間に余裕を持ってください。

1月21日ー22日の釣果
今週も穏やかな釣り日和となりました。 釣果は大物はでず、五目釣りの模様でした。 中国正月も始まり、北寄りの風が南寄りの風に変わってきました。 艀も、今週は北の方に移動していましたので、そろそろイカダの移動の時期が 間近になってきました。 先週のブログより、さらに一週間早めて2月4日ー5日にBイカダを北鼻に移動。 Aイカダは、2月11日ー12日と計画を早めました。 大物釣りの方は、期待してください。 予約状況ですが、1月29日(日)は貸し切りが二組入っておりますので満杯になっています。 28日(日)は、今日現在2名のみです。

1月14日ー15日の釣果
今週も、天候に恵まれ絶好の釣り日和でした。 釣果は、絶好の釣り日和に反して、いま一つでした。 また、釣り人も年末年始の反動か?2~3人でイカダ貸し切りの状況でした。 釣果は、30cm強のコロダイが筆頭で、島側で釣れていました。 小物は、イカダに居付いている小アジ・アイゴでした。 アジが回ってこないときは、沖側にチョイ投げして、キスを狙うと良いです。 胴付きのサビキ仕掛けで、餌をチョット大きめにして、そこを引きずるようにすると キス独特の大きな当たりがあります。 サヨリは、現在のカーム・ノーイ島で釣れますが、シーチャン島北鼻は釣れなくなります。 従って、サヨリはあと1カ月ということになります。 ご希望の方には、サヨリ仕掛けの竿をレンタルいたします。 来週の23日(月)から、中国正月になります。 ということで、北寄りの風から南寄りの風に変わって来るということです。 イカダもオーバーホールして、シーチャン島北鼻に持っていく時期になりました。 予定では、2月11日・12日にBイカダを北鼻に移動。 2月18日・19日にAイカダを北鼻に移動と計画しています。

1月7日ー8日の釣果
今週は、日曜日に朝方波はあったものの、引き続き穏やかな釣り状況でした。 日中ほとんど潮が流れなかったので、釣果は今一つでした。 朝方中アジが釣れたものの、その後はイカダ居付きの小アジばかりとなりました。 キスは、良型が良く当たっていました。 アイゴは手のひらサイズが群れになっています。 足の裏サイズになれば、刺身に出来るのだが、今はから揚げサイズと言ったところです。 大物は、コロダイノ35~36cmが上がっただけでした。 海水温が低めなのが影響しているのかもしれません。 今週は、写真はありません。

年末年始の釣果(12月29日ー1月3日)
新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 元旦の日の出は、残念ながら見られませんでしたが、皆さんの大漁を祈念しました。 2011年の年末年始は、天候にめぐまれ(風・波がなし)良い釣り日和でした。 釣果は、30日にAイカダで中森さんが35cmを超えるクロダイをあげていました。<写真1> イカダの真下でヒットしたそうです。 31日は、2011年の釣り納めですが、大野さんが47cm・48cmのコロダイを二枚ヒット。 2011年は、大野さんの写真が一番多い年となりました。 <写真2> 同じ31日、泉さん家族はアジ・キス・アイゴを釣り、楽しんでいました。 <写真3> 1月2日鈴木さん家族に、キスが良く当たっていました。 イカダ下、チョイ投げで良く当たっていました。 手にしているのは、ウマズラアジの幼魚。30cm強。 <写真4> 3日Aイカダにあがった石川さんグループに38cmのクロダイが上がりました。<写真5> なんと、死んだ小アジに食いついていました。 エビだとすぐにエサ取りに食べられるので、死んだ小アジを餌にイカダ下に投入。 鈴が鳴るので、合わせるとおおきな当たり。 ハリス5号なので無事タモにおさまりました。 腹がパンパンですので卵が入っているのかもしれません。 30日のクロダイも卵は入っていたとの事でした。 イカダ下にクロダイが来ているのかもしれません。

<<First Next>
ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (日本語) E-Mail : jinda.ikada@gmail.com