http://www.jindaikada.com
 釣果報告
年:
Records Count : 718
年末年始の釣果(12月29日ー1月3日)
新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 元旦の日の出は、残念ながら見られませんでしたが、皆さんの大漁を祈念しました。 2011年の年末年始は、天候にめぐまれ(風・波がなし)良い釣り日和でした。 釣果は、30日にAイカダで中森さんが35cmを超えるクロダイをあげていました。<写真1> イカダの真下でヒットしたそうです。 31日は、2011年の釣り納めですが、大野さんが47cm・48cmのコロダイを二枚ヒット。 2011年は、大野さんの写真が一番多い年となりました。 <写真2> 同じ31日、泉さん家族はアジ・キス・アイゴを釣り、楽しんでいました。 <写真3> 1月2日鈴木さん家族に、キスが良く当たっていました。 イカダ下、チョイ投げで良く当たっていました。 手にしているのは、ウマズラアジの幼魚。30cm強。 <写真4> 3日Aイカダにあがった石川さんグループに38cmのクロダイが上がりました。<写真5> なんと、死んだ小アジに食いついていました。 エビだとすぐにエサ取りに食べられるので、死んだ小アジを餌にイカダ下に投入。 鈴が鳴るので、合わせるとおおきな当たり。 ハリス5号なので無事タモにおさまりました。 腹がパンパンですので卵が入っているのかもしれません。 30日のクロダイも卵は入っていたとの事でした。 イカダ下にクロダイが来ているのかもしれません。

12月24日ー25日の釣果
今年最後の投稿になります。 24日は、風・波も高かったもののBイカダでアジ・アイゴ・サヨリが釣れていました。 特に、サヨリはイカダ周りに居付き、のべ竿で釣れていました。 大物も一度大きな当たりがあり、止めることが出来ず、無念のハリス切れでした。 25日は、朝から暴風の荒れ模様で、イカダ釣りは断念しました。 予定のお客様には、ご迷惑をおかけいたしました。 前日からの泊り客も、早々と釣りを断念。 ジンダハウスから沖合の荒れ模様をウオッチ。 私も11時発の定期船に乗りましたが、キャビンの2列目に座りましたが、その周りで 3名ほど、ダウンしていました。 その船で、ロイ島に戻ると、なんと海はベタ凪。 キャンセルさせていただいたお客さんは、シーチャン島の荒れ模様は信じられなかったと思います。 風は北寄りなので、シラチャーは穏やかでもシーチャン島は荒れることがあります。 逆に、南寄りの風のときは、ロイ島で荒れていても、シーチャン島は穏やかな時もあります。 年末年始の営業は、12月29日から1月3日です。 今年最後の投稿になりますので、この一年の感謝をこめて「みなさん、良いお年をお迎えください」。

12月17日ー18日の釣果
今週は、午前中は風・波が高く、午後はおさまるという状況でした。 釣果は、アジ・キス・アイゴ・サヨリetcが釣れています。 18日、Bイカダに上がった西本さんグループにマブタシマアジ?の良型が上がっています。 グループの大半は、タイに来て1ヶ月目ということもあり、タイでの釣りを楽しんでいました。 サヨリは、島に向かって半分ほど投げれば好釣果が得られます。 ご希望があれば、竿・仕掛け一式をお貸しいたします。 大物は、残念ながら上がりませんでした。 また、年末年始の営業は、12月29日から1月3日となりますが、それ以外の日でも対応 いたしますので、問い合わせください。

12月10日ー12日の釣果
今週は、風がありイカダは揺れていましたが、アジ・キス・サヨリと釣れていました。 10日にイカダに上がった目良さんは、良型のアジにニッコリ。 その他に、イカダ周りにサヨリが群れていたので、のべ竿で30数匹釣っていました。 大物は、残念ながら今週は出ませんでした。 Aイカダの焦げ穴の当事者が名乗り出ました。 年に2~3回来る人なので、メールでやり取りしました。 当事者は、ご親切に?「七輪で長時間使用すると今回の様な焦げ穴が発生しますので、 七輪の扱いの慣れていない日本人に注意してください。」と言っていました。 七輪をレンタルして3年過ぎていますが、焦げ穴などは勿論のこと、焦げ跡も一度も発生 していません。 念のため、今週焦げ穴の板をはがして検証しました。 写真のように、七輪の底は平らです。 もし長時間使って、七輪が熱をおびて焼けることがあっても、丸く焦げるはずです。 ということで、焦げ穴の当事者が言うようなことはありませんので、今後とも七輪の レンタルは行います。 なお余談ですが、当事者とは、通常の使い方をした・しないで見解の相違が発生。 当初、補償しますと言っていたので、焦げ穴の下のプラスチックのフロートに穴があいて いるので交換費用4900B請求したところ、通常の使い方なので補償の対象外とのこと。 迎えの船が来たので、七輪をどかしたら穴があいていた。と当事者の談。 船頭が、煙が出ていたので海水をかけた事実と、七輪には取っ手がないので熱くてどかせない。 と当方の見解。 七輪をどかしたのは、タイ人女性か当事者の相棒の日本人とあいまい。 当方では、炭火による焦げ穴跡と思っている。 どうしてそうなったかは、料理をやったタイ人女性しかわからないと思います。 いろいろな人がいるものですね。

12月3日ー4日の釣果
12月になりました。 11月は大物の釣果がさっぱりでしたが、月が変われば好転するのでは・・・。 そんな期待の中、岡本さんが63cmの丸々と太った黄金シマアジをヒット。 3日8時過ぎにBイカダに上がった岡本さん。 早々に大きな当たり。 魚を止めることが出来ず、無念のハリス切れ。 その後すぐにまた当たりがあり、上記のサイズのシマアジをゲット。 バラした魚も、シマアジのワンランクUPサイズではと言っていた。 さっそく写真を撮りました。 「菊池さんどうだ!!」という顔でしたが、操作を間違えDeleteになってしまいました。 すいません。 イメージ写真は60cmの黄金シマアジです。 小物はと言いますと、先週に引き続きアジが良く釣れています。 アイゴと一緒にアジがいますので、竿をゆっくり上下するとアジが食いついてきます。 写真は、小沢さんグループの釣果です。 写真の方は、小沢さんではありません。モデルです。 来週は、3連休になりますが営業いたしております。

11月26日ー27日の釣果
今週も、大物は出ませんでした。 根つきのコロダイが一枚出ただけでした。 例年この時期は、日中潮が高く潮の動きがないのが原因かと思います。 小物は、アジ・キス・アイゴが釣れています。 写真は、良型のアジを釣ってにっこりの大和田さんです。 娘さんも、大小のアジを釣って満足していました。 行きの定期船で船酔いしていましたが、イカダに上がって魚が釣れると、 船酔いもナンノソノ、アジ釣りを楽しんでいました。 来週は、12月。 年も押し詰まってきましたね。 3日(土)・4日(日)・5日(祝日)と営業いたします。 また、10日(土)・11日(日)・12日(祝日)も営業いたします。 年末年始も例年通り営業していますので、お問い合わせください。

11月19日ー20日の釣果
今週は、アジが散発でした。 サヨリは、貸し竿の仕掛けで栗山さんに20数匹なかなかのサイズがあがっていました。 サヨリは、島側に遠投できれば釣果UPとなります。 今週は掲載できる写真がないので、サヨリの干物の作り方を紹介します。 イカダに弁当を届け、待ち時間に釣ったサヨリです。 ウロコを取り、頭を落とし背開きします。 内臓をとって、中骨を切り落します。 腹の黒いところは、歯ブラシを使ってきれいにします。 好みの塩水を作り、味の素を入れて、2時間ぐらい漬け込みます。 風通しの良いところで、一夜干しします。 半乾きでしたら、あまり日持ちはしません。冷蔵庫で1週間ぐらい。 私は、長期保存のため乾きはしっかりします。 干し物を、電子レンジで1分チンすれば即ビールのつまみの出来上がりです。 釣果の続きですが、Bイカダに上がったOHさんに、コロダイとクロダイがヒット。 早朝一番に来たそうです。 その後は、A・Bイカダとも大物のヒットはなかったそうです。 昨年は12月に大物のヒットがありましたので、これからと思います。

11月12日ー13日の釣果
今週は、大物ではハタの40cm級が2枚あがっていました。 Bイカダで12日・13日と各一枚づつ。 バラシは、Bイカダで島側に逃げられ無念のハリス切れ。 小物は、アジ・サヨリ・アイゴと釣れています。 写真の斉藤さんは初めてのイカダ釣りで、30cm弱のアジを筆頭に大小30匹 釣って満足していました。 Aイカダに焼けた穴を発見。20cm角に下のフロートがみえる。 船頭の話を聞くと、先週BBQを行った日本人とタイ人の組らしい。 船頭が、燃えているのを海水で消火したと言っている。 どうやって、燃えたのか? 炭の処理に、直接イカダの板の上に置いたのか? タイ人が料理していたので。ある程度納得? それにしても、一緒の日本人はなにをしていたのだ。と、怒り。 この組は、出入り禁止にします。

11月5日ー6日の釣果
今週は、風もなく穏やかな釣り日和の週となりました。 大物は、残念ながら出ませんでした。 潮が動かなかったのが原因かも? またまた、洪水の影響で塩分濃度が変わったのか? 小物では、ベタ凪で潮が動かなかったということで、キスが良く当たっていました。 また、中アジも散発ながら終日釣れていました。 サヨリは、これからがシーズンになりますので、ベタ凪のときは狙い目です。 刺身サイズが良く釣れています。 今週は、写真はありません。 悪しからず。

10月29日ー30日の釣果
バンコク在住の皆さん洪水で大変ですね。 バンコクを避難された方も多数いると聞いております。 シラチャーも避難された方で人口が増えたようです。 私の住んでいる海岸道路も車の渋滞がひどくなっております。 シーチャン島も人口が急に増えたように見えます。 現に、ジンダハウスにアユタヤから避難した家族8名が滞在しています。 海は、完全に北風で乾季に入ったと思われます。 今週は、潮が動かなかったため大物の釣果は、プラーサラーの50cmと40cmの2枚。 あとは、タモに入らないサイズのエイが一匹でした。 小物は、先週・先々週の様なアジの群れがなく、散発でした。 サヨリは、岸側に投げると釣れています。

<<First Next>
ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (ภาษาไทย) E-Mail : jinda.ikada@gmail.com