http://www.jindaikada.com
 釣果報告
年:
Records Count : 684
10月16日ー17日の釣果
今週は、16日の土曜日は風が強く、小雨混じりの悪天候でイカダに乗ることが出来ませんでした。 予約を頂いた、2グループの皆さんまた次回お願いします。 17日は、前日の午後から風も収まり、雲は厚いものの雨の心配はなくなりました。 前日、海が荒れたこともあって釣果を心配していましたが、菊池さんに60cmクラスのウマズラアジが4枚あがりました。 写真は、クーラーに入れるために尻尾を切り取っています。 菊池さんは、ここしばらく大物に恵まれていませんでしたが、”最高の1日でした”と喜んでいました。 この他に、Oさんに61cmのウマズラアジと42cmのコロダイがあがっていました。 小物は、アジが釣れており最大25cmもありました。 次週は、3連休(23~25日)になりますが、営業はしております。 貸し切りの予約が入っていませんので、充分余裕はあります。

10月9日ー10日の釣果
毎週金曜日は、イカダの位置・ロープの張り具合をチェックしており、時間があれば試し釣りも 行なっています。 写真のサヨリは、PM3時から2Hrの釣果でした。 島側に10から15m投げると釣れます。サイズは25-6cmでした。 背開きにして、背骨をとって干物にすると大変おいしいです。 今週の大物は、ウマズラアジの58cmでした。 釣り人は、岡本さんです。 10月10日この他に、アジの活きエサに大きな当たりがあり、8号のハリスが一瞬で切られたことから バラクーダが回っているみたいです。 その他、島側でコロダイ?の当たりがあるものの、根に潜られてアウト。 コロダイは、沈み瀬周りにいるみたいです。 写真のお店群は、ジンダハウスのあるターボン桟橋(ターボン・タールアー)にできたものです。 毎週、金・土・日曜日と開催しています。 食べ物・飲み物・日用雑貨等を売っています。 従って、シラチャーに戻る定期船はターボン桟橋発になりました。1時間毎の出発なので00分発です。 ターラン桟橋には寄らなくなりました。 次週は、土曜日は予約でいっぱいになりました。 日曜日は、今日(12日)現在、予約はまだ入っておらずゼロの状況です。

10月2日ー3日の釣果
今年も、はや10月になりました。 風も、北東の風になり始めました。 これで雨季も終盤かなと思っています。 今週の大物は、写真の1枚だけでした。 53cmのコロダイを釣ったのは大野さんです。 イカダAで、島側に投げてきたそうです。 小物は、今週は不調でした。 サヨリは、3日イカダBで朝方一時入れ食いだったそうです。 20~25cmを20数匹釣っていました。 まだ、群れは小さいようですが、2月まで釣れます。

9月25日ー26日の釣果
今週は、波もなく穏やかなイカダ釣り日和でした。 写真は、平日に来られた石原さんの釣果です。 ウマズラアジは68cm・シマアジは53cmと48cmありました。 午前中の下げの潮は動かず、午後の上げに潮が動き2時から4時の間に釣れたそうです。 残念ながら、土・日曜日とも大物はあがりませんでした。 小物は、サヨリが釣れるようになりました。 まだ群れも小さいようで、当たりも散発でした。 写真のサヨリで一番大きいのは、31.5cmありました。 アジも中アジサイズ。 キスも25cmはあろうかという丸々太ったのが上がっています。 キスはイカダからチョイ投げすると良いみたいです。 次週(10月2日ー3日)は、貸し切りが入っていませんので、ゆっくり釣りが出来ると思います。

9月17日ー19日の釣果
今週は、赤潮?の影響もなく穏やかな釣り日和でした。 大物は、金曜日と日曜日に出ています。 写真のシマアジは、金曜日に石原さんか釣ったもので51cmありました。 シマアジが釣りたい釣りたいといっていましたが、やっと念願の一匹になりました。 二枚目の写真は、日曜日に上がったものです。 釣り人は、矢倉さんの高橋さんです。 内訳は、矢倉さんウマズラアジ59cm・コイ似?(名前不明)、高橋さんウマズラアジ52cmと コウイカ約1.5Kg。その他に、ロープ絡みのバラシが1回。 金曜日・日曜日とも9時から10時の間に上がっていました。 小物釣では、柳原さんグループがアジ・キス・アイゴ等を楽しんでいました。 アイゴも刺身サイズが上がっており、イカダ上で舌鼓を打っていました。 訂正:前回の記事で飯泉(いずみ)さんのお子さんはご兄弟でした。    すみません。訂正いたします。

9月15日(12日の釣果追加)
12日(日)にイカダに上がられた、飯泉(いずみ)さんから釣果のMailが届きましたので 掲載いたします。 当日は、赤潮?でコンディションが悪かったにもかかわらず、キス・アジが釣れていました。 キスは、大きいもので20cmを超えていました。 写真のウマズラアジは、オーさんが掛けたのを飯泉さんの子供さんと友達で釣り上げた物です。 サイズは、約55cm。 今度は、自前の竿・仕掛けで釣りたいものですね。

9月11日ー12日の釣果
今週は、赤潮?が発生して潮の状況は良くなかった。 その中で、写真のウマズラアジが上がっていました。 釣り人は、石原さんでした。 Ⅰ2日も、赤潮?の影響を受けたが常連のオーさんに写真と同サイズのウマズラアジがあがっていました。 その直後にも当たりがあり、やり取りしたが無念のバラシ。 同じイカダにあがっていたグループにも当たりがあり、これもバラシたとのこと。 時間は、1:30~2:00でその時に群れが通ったみたいです。 海面は赤潮?ですが、海底の方は問題ない模様です。 小物は、小あじ・キス・シマイサキ等あがっています。 写真の石川さんグループは、小物釣りで楽しんでいました。 クーラーBOXの中身が写真では見えませんが、たくさん入っています。 今週は、貸し切りの団体が入りましたので、常連の方にご迷惑をおかけいたしました。 次週(18日ー19日)は、団体の予約が入っていませんのでゆっくり釣が出来そうです。

9月3日ー5日の釣果
今週は、4ヶ月ぶりのYさんと3週間ぶりのOさんに写真の大物?が釣れました。 シマアジは45cmが2匹(一匹は、刺身にして胃の中へ)と40cmコロダイ、45cm・50cm のウマズラアジの計5匹。 当日は潮が動いてよかったのですが、土・日曜日と潮がまったく動かず大物は出ませんでした。 1日違うと、こうも潮の動きが違うのか不思議なタイ湾の潮でした。 その他、ゴマアイゴ(30cm)・シマアジの子供も釣れていました。 小物は、小アジが表層にアイゴと混ざって釣れています。 アイゴは表層から底までいますので、イカダからチョイ投げするとアイゴ以外のものが釣れます。 アイゴは、背びれ・むなびれ・はらびれに毒がありますので刺されないように注意してください。

8月28日ー8月29日の釣果
今週の竿頭は、田中翔大くんでした。 夏休みの思い出にと、大物に挑戦。 写真のクイーンフィッシュ(53cm)を、アジの活きエサでゲット。 珍しい魚として、写真の鮮やかな色模様の魚。 図鑑で調べたところ、カワハギ科のソウシハギと思われます。 体長は50cm。 食味は、図鑑では「味は良くない」と書いてありました。 その他、27日にはコロダイ・ウマズラアジ(それぞれ50cm級)が釣れていました。 また、29日には大きな当たり(ドラッグが逆転する当たり)が3回ありましたがいずれもバラシ。 大物は、回遊している模様です。 小物釣りは、小あじ・シマイサキ・フエフキダイ等多数つれています。

8月22日ー23日の釣果
今週は、イカダをカームノーイ島に移動しての釣果報告です。 小物は、上からの写真の冨田さん・清水さんにアジ・シマイサキ・コガネシマアジの小物等五目釣りを楽しんでいました。 また、中條さん・井沢さん親子にも写真のような釣果で楽しんでいました。 アイゴの小さいのが釣れますので、背びれ・むなびれの毒には気をつけてください。 21日に、アイゴでもゴマアイゴの30cmを超えるサイズが釣れていました。 刺身には、コリコリ歯ごたえがあって最高の魚です。 大物は、写真の高橋さんが21日・22日でコロダイを2匹(50cm・53cm)。 高橋さんは、このほかにも大きな当たりが2回あり、残念ながらバラシ。 うち一回は、タモで掬う寸前で大きなジャンプ。あえなく、針はずれのバラシ。 その他、イカダから沖側にチョイ投げするとシマイサキの良型が当たります。 17~18cmで充分刺身に出来るサイズです。 私は、この刺身が好きで3匹あれば、充分酒の肴になります。 次週(28日ー29日)は、潮が良いので小物・大物とも期待が出来るかと思います。

<<First Next>
ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (ภาษาไทย) E-Mail : info@jindaikada.com