http://www.jindaikada.com
 釣果報告
年:
Records Count : 727
8月10日コー・ロイ行きの橋崩壊・・・定期船の発着変更
シラチャーとコー・ロイを結ぶ橋が崩壊しています。 写真は、「シラチャ便り」を検索して、「シラチャ情報」に載っています。 三竿さん、情報を利用させていただきました。 従って、シーチャン島への定期船の発着場は変更になります。 タ・チャリン桟橋(タ・チャリン ター・ルアー)になります。 コー・ロイからシラチャを見たときに、右手に見える長い桟橋です。 5-6年前は、この桟橋からシーチャン島に行っていました。 地図は、前述の「シラチャ便り」を検索して探してみてください。 私は、10日朝9時前にコーロイに車をとめて、9時の定期船に乗った。 その時は、異常なし。 シーチャン島を4時の定期船で帰ってくると、いつものコー・ロイではなく、タ・チャリン桟橋へ到着。 なんでなんやろーと、コーロイに向かうと橋が陥没していた。 片側はなんとか通れそうなので、車も無事脱出に成功。 やれやれでした。

8月5日ー7日の釣果
今週は、金曜日(5日)に家族でイカダに上がった、冨田さん家族に70cmジャストのウマズラがあがりました。 写真は釣り人の冨田さんです。 あたりは、モゾモゾという穂先のあたりを合わせたものでした。 6日・7日と大物のあたりはないものの、小物はボチボチ釣れていました。 写真の目野さんグループとワンちゃん一匹は、アジ・きす・イトヨリ・シマイサキ・アイゴと釣っていました。 アジは、イカダ下3mのところで当たりがあったそうです。 今週は、三連休ということで予約が入っています。 最終日の14日が2名と十分余裕があります。 13日は、ほぼ満杯です。 11日は、60%の予約状況です。

7月30日ー31日の釣果
今週は、先週と打って変って強風とうねりの生憎の釣りとなりました。 30日は特にひどく、柱につかまっていないと釣りにならないという状況でした。 31日は、朝方風、うねりは残るものの徐々におさまってくるという塩梅でした。 海はしけた方がいいのか、二日とも朝方に良型のアジがあがっていました。 また、キスもMAX23cmの良型があがり、数も出ています。 キス・イトヨリ・シマイサキは終日コンスタントにあがっています。 大物はといいますと、写真のタイに似た魚が村上さんにヒットしています。48cm。 村上さんは、この日は運が良く小型ながらもハタも釣りあげていました。 前日の30日は、石橋さんに同サイズの写真の魚があがっています。

7月23日ー24日の釣果
今週は、海は穏やかで最高にイカダ釣り日和でした。 写真のクロダイは38cmありました。 Bイカダに乗った岡本さんに最後の一投に来ました。 この他に、良型のイトヨリ・キスが上がり、シログチの群れにも当たったそうです。 写真はありませんが、常連のYさんが一日目ウマズラアジ60cm・55cmが二枚。 残念ながら、バラシが2回。 二日目は、コロダイ55cmとサイズ不明のハタがあがっています。 来週(30日・31日)は、今のところ団体の予約が入っていないのでゆっくり釣りができると思います。 提案があります。 チョンブリ地区のロングステーの方を対象に、イカダのプロモーションを計画しています。 第一水曜日を、「イカダの日」としてイカダ料金を格安の400Bといたします。 チョンブリ地区のロングステーの皆様の交流の場となれば幸いです。 第一回は、8月3日(水)に開催します。3人以上で開催します。 ご意見をお待ちいたしております。

7月15日ー17日の釣果
まずは、なでしこジャパン優勝おめでとう。 AM1:40に目が覚め、決勝戦どこかで放映していないかとTVのチャンネルをまわした。 あった。 タイ語の解説が聞こえたので、さすがタイと喜んで見ていると、開始30分後にタイ語の字幕がでてEND。 10分たっても20分たっても、画面は字幕のまま。 何だこりゃー。最後まで放映しろー。なに考えてんだー。と言ってもここはタイ。マイペンライの国で納得? 結局、インタネットの字幕ライブと相成った。 さて、釣りの釣果ですが大潮ということもあり、潮が速く小物釣りには厳しい条件でした。 また、クラゲの赤ちゃんが多数(半端でない数)流れてきて、空針にゼラチン状のクラゲが絡みついていました。 16日岡本さんに久々の大物がヒット。イカダはBイカダ。 ウマズラアジは約60cm、コロダイは約40cm。 17日は、AイカダでOさんに60cmジャストのシマアジがヒット。 また、同じ日Bイカダの渡瀬さんに40cm弱のハタがあがっていました。 今週は、潮の動きが緩やかになるので釣りやすくなると思います。

7月9日ー10日の釣果
今週は、土曜日・日曜日で釣果が分かれました。 土曜日は、まったくと言っていいほどに大物・小物の魚信はありませんでした。 潮は、緩やかにライオンの鼻に向かって流れており、潮は良かったものの魚信はなかった。 日曜日は、写真の村上さんGrにキス・イトヨリ・シマイサキ・コロダイの子供(25cm)・アジ等が終日釣れていました。 潮は、上げ潮ということで緩やかにライオンの鼻から手前に流れる潮でした。 一日変わるとこうも違うものかと、改めて潮の難しさを感じさせられました。 次週は三連休になりますが、15日・16日・17日と営業いたします。 16日にAイカダの貸し切りが入っていますが、それ以外は十分余裕があります。

7月2日ー3日の釣果
今週は、潮が速く釣りにならないかなーと心配していた。 しかし、潮は速いものの釣り始めから納竿まで魚信があり、五目釣りが堪能できたとの事。 写真の一枚目は、岡本さんGrの釣果です。 良型のアジ(25cm)・キスに混ざりイトヨリ、シマイサキが釣れていました。 写真の二枚目は、成合さんGrの釣果です。 前日に続き、アジ・キス等がたくさん釣れていました。 アイゴも、刺身サイズ(25cm)が釣れるようになりました。 大物は、大野さんに40cm弱のクロダイがあがっていました。 また、シマイサキの種類と思われる魚(40cm位)があがっています。 天候も、シーチャン島では夜半から深夜に雨が降り、早朝から晴れるというパターンになっています。 とはいっても、天候は不順ですのでそれなりの準備をお願いします。

6月22日&25日ー26日の釣果
22日、天野さんに70cm弱のバラク―ダがあがりました。 記念に掲載します。 また、同じ日に沖縄から来られた知念さん、タイのアイゴを釣ってみたいと言っていましたが、この日は残念ながら姿を見られませんでした。 ちなみに、24日イカダのチェック後一時間ほど釣りをしました。キス・イトヨリ・シマイサキが釣れ、最後にアイゴの25cm級が一枚あがりました。 刺身にして食べましたが、アイゴの刺身はやはり美味しいですね。 写真の刺身は、筆者の力作です。これで、ビール二本飲んでしまいました。 25日・26日と撒き餌すると20cm級のアイゴが群れているのがみえました。 知念さん夫妻と雨窪さん夫妻と犬のハナちゃん(♂)の記念写真を一枚。 25日は、久しぶりの池田さんに30cm前後のクロダイが二枚。コロダイが一枚。 あとは、久しぶりだったのか、大物のあたりを2回ばらしています。 26日は、大物のはあがりませんでした。 亀島さんグループ、原さんグループは小物の釣りを楽しんでおりました。

6月18日ー19日の釣果
最近は天候がチョット不安定ですね。 18日は、8時イカダに上がった直後、横殴りの雨に見舞われ約1時間待機の状況でした。 シーチャン島は、雨季でも比較的雨には強かったのですが、今年は雨に注意ですね。 雨合羽は必需品になりそうです。 薄手の使い捨て用の合羽が20バーツぐらいで売っていますので、道具箱に入れてはいかがでしょうか。   そんな悪条件の中で、Oさんが70cmを超えるウマズラアジを釣り上げていました。 写真のウマズラアジの後ろに40cmはあるハタがいました。大小合わせて4枚釣っていました。 その他、B筏に上がった三輪さんに3回大きな当たりがあったが、すべてバレてしまったそうです。 しかし、最後にコロダイの良型を釣っていました。 今の時期、干満の差が大きく釣りづらいですが、潮が良くなる時がありますのがんばってください。 小物は、キス・イトヨリ・シマイサキが上がっています。 それと、18日潮の満ちてきた4時ごろにアイゴの群れ(15cm前後)がまわってきて、多数持ち帰っていました。

6月11日ー12日の釣果
先週は、一時帰国ということで船頭のデンさんに皆さんの、お世話をさせていただきました。 今週は、タイに戻っておりますので、十分お世話させていただきます。 雑談 約10年使っていたノートパソコンの調子が悪く、今回の一時帰国で新しく購入しました。 機能はアップして、価格は安いということで申し分ないですね。 ちなみに、通販で本体価格32、000円、ウインドウズ2007のソフトが10,000円の計42,000円でした。 前のが、30万円したことを考えると隔世の感がします。

<<First Next>
ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (日本語) E-Mail : jinda.ikada@gmail.com