http://www.jindaikada.com
 釣果報告
年:
Records Count : 727
2月25日ー27日の釣果
先週から、イカダをシーチャン島北鼻に移動しました。 25日は、大野さん家族と私の4名で試し釣りを行ないました。 今年、北鼻での第一号は大野さんのウマズラアジ(70cm)でした。 娘さん2人との記念写真でご満悦でした。 その30分後に、私に強い当たり。一時ロープに掛かったものの無事タモに収まり、78cmの ウマズラアジでした。 26日は、オーさんに75cmのウマズラアジ。(写真掲載) その他に、50cm弱のウマズラアジもあがっていました。 27日は、クーラーに収まっているミナミコノシロ?が8本と、頭だけを見ると40cm強の黄金 シマアジがあがっていました。身は刺身で皆さんのおなかの中でした。 他のグループにもミナミコノシロがあがっていました。 小物は、初日はイカダ周りにはほとんど居ついてなく、二日目・三日目と小物の反応が出てきた。 これから、段々と良くなるものと思います。 5枚目の写真は、仙台から来た方でカームノーイ島での今年最後の釣りとなりました。 釣果は、アイゴが多くアジ・サヨリは釣れませんでした。 それでも、今晩のおかずは釣ったと言うことで喜んでいました。 記念に、写真を掲載します。 今週(3月5日・6日)の予約状況ですが、5日は一杯になりました。 6日は、2名の予約のみとなっています。28日AM現在。

3月26日ー27日の釣果
先週は、北風が強くイカダは大揺れでした。 昨年も今頃北風が吹いていますが、今回みたいに長期間北風が吹くことはなかったです。 それでも、果敢な人はイカダにのって釣行しました。 釣果は、残念ながら大物・小魚とも不漁でした。 と言うことで、今回写真はありません。 涼しいと言うより肌寒い気候ですね。 特に、シーチャン島は北風のときは涼しいですが、12月・1月の涼しさです。 日本で寒気団が南下すると、タイも寒くなるようです。<経験上> 約2週北風が吹いたので、今週は大丈夫かなと思います。 4月は、ソンクラーン休暇になりますが、イカダは9日(土)から17日(日)営業いたします。

3月19日ー20日の釣果
19日は、季節外の北東風の影響でイカダは大揺れ。 イカダに乗る事は出来ませんでした。 イカダがダメならということで、船釣りの手配をいたしました。 釣果は、赤目の30cmクラスが最大で、後は小物と言うことでした。 20日は、前日と打って変わってベタ凪の状況。 清水さん家族と宮路さんの計5名。 シケの後なので釣果は期待できるのでは? 大物は、70cmを越えるウマズラアジが3枚。 クイーンフィッシュが2回目のエラ洗いで無念のバラシ。 小物は、キスが爆釣。 清水さん家族は、キス仕掛け・胴つきで50匹はあがっていました。 その他に、イトヨリ・シマイサキ・キビレチヌがあがっています。 キスは良型で25cm級も混ざっていました。 写真のキスは、筆者のもので20cmありました。 清水さん家族とウマズラアジの記念写真。 3枚目は、清水さん家族の釣果です。 最近、大物を釣りたいという要望がありますが、ポイントが限られますので 公平を期すためにくじ引きなどを考えています。 また、竿は1人2本までとしたく、ご協力願います。

3月12日ー13日の釣果
先週は、黒鯛が7匹(38cmを筆頭に20cmまで)あがりました。 写真は、シマアジ55cm・ウマヅラアジ60cm・38cmの黒鯛他。 オーさん1人の釣果でした。 11日にも、黒鯛の小型があがっていました。 その他に、ミナミコノシロが12日・13日と4匹あがっています。 40cmから45cm級です。 私も、12日に手作りのサビキに45cmヒット。 1.5mの短竿で強い引きを堪能しました。 コノシロなので小骨が多いと思ったがぜんぜんありませんでした。 片身を刺身にしたが、あまり美味しくなかった。 もう片身は、唐揚げにしましたがこれは食べられました。 アラは塩焼きにしましたがこれもマアマアでした。 今の時期は、アジは少ないようです。 代わりに、キス・イトヨリ・シマイサキが釣れています。 定期船ですが、金・土・日曜日はジンダハウスのあるターボン桟橋が出発・到着になります。北東の風が強くなる10月ごろまでは、コーロイからターボンになるかと思います。

3月5日ー6日の釣果
先週は、5日にシマアジがあがりました。 体長は68cmとシマアジの記録70cmには及ばないものの久々の大物でした。 井上さんグループと記念写真。 オーさんにナンヨウチヌの33cmがあがりました。 体高があり、腹鰭と臂鰭が暗灰色なのでナンヨウチヌと思われます。 プレゼントされたので、刺身にしていただきました。 やっぱりチヌは美味しいですね。感謝感謝。 その他の大物として、油井さんに60cmのウマズラアジがあがりました。 バラシも何回かあったそうです。 小物は、イトヨリの良型(20~25cm)・キスがあがっていました。 今週(12日ー13日)は、貸し切りの予約が入っていませんので、充分余裕はあります。

2月18日ー20日の釣果
先週は、久しぶりに大物が出ました。 写真のコロダイは、中森さんグループが釣ったものです。 中森さんグループは、イカダでバーべQと言うことで、嫌われ者だが食べて美味しいアイゴやキス他の 塩焼きを楽しんでいました。 写真の田中・望月さん親子は、イトヒキアジ・ハタを釣っての記念写真。 田中さんは、本帰国が決まりイカダでの最後の釣りとなりました。 今度は、日本海での釣りになりますが、ジンダ筏を忘れないでください。 最後の写真は、黄金シマアジ(52cm)を釣ってご満悦の和田さんです。 納竿間際で、当たりがあったもののハリスの結び目で切れてバラシ。 気を取り直して、すぐ投入してヒットしたものでした。 本当に、最後の一投でした。 サヨリは、風向きが変わったのか不調でした。 次週(26日・27日)は、イカダはシーチャン島北鼻に移動いたします。 27日は、貸し切りと団体が入っていますのでいっぱいです。 26日は、今日現在3名の予約のみです。

2月12日ー13日の釣果
先週は、大物の当たりが2回ありました。 ベテランのYさんがバラスような大きな当たりでした。 しかし、イカダにあがれば必ず大物をもちかえるYさん。 ボラ似の50cnを超える魚を釣っていました。 13日は、AイカダとBイカダの間に投げていた津村さんに大きな当たり。 やり取りしたものの、ロープであえなくハリス切れ。 今週の写真は、シーチャン島の中国寺から北東方面を撮りました。 はしけが、北側に移動していますので、風向きが南になった証拠です。 21日からAイカダのメンテナンスをして、26日からシーチャン島北鼻に移動します。 ちなみにBイカダは、メンテナンス済みです。

2月5日ー6日の釣果
先週は、波もなく絶好の釣り日和でした。 しかし、Chinese New Yearの爆竹の音で、魚が逃げてしまったのか大物・小物 の当たりが遠のいてしまったようです? 最近、潮の高低差があるものの、潮の動きがあまりないのが影響していると思います。 そんな中、大野さんに30cm弱の黒鯛が釣れていました。 小物は、写真(シラチャー在住の伊藤さん親子)のアジが時たま掛かるという程度でした。 写真のアジは、子供さんが釣ったもので大変喜んでいました。

1月29日ー30日の釣果
今日から2月です。 2月というと、Chainese New Yearになります。 今年は2月3日がスタートで、約5週間ジンダハウス前の通りはにぎやかになります。 ジンダハウス上の中国寺(サーンジャオポー・カオヤイ)が有名で(何で有名なのか?ご利益があるのでしょうか?)、参拝客であふれるからです。 この期間中は、ロイ島ーシーチャン島間の定期船は、満席になると時間に関係なく出発します。 ピーク時には1時間に3便出ていました。 我々にとって都合がいいのは、ジンダハウスのある桟橋(ターボン桟橋)が定期船の離・発着することです。<メインのターラン桟橋は休みとなります。> イカダへの渡し舟は、従来と同じ8時・9時・10時です。 風向きも変わる時期になりますので、イカダの移動は2月26日・27日ごろを予定しています。 さて釣果ですが、先週は風が強く釣りづらかったこともあり、大物はあがりませんでした。 小物も、風のせいか散発にアジ・キスが釣れる程度でした。 釣り予約状況  2月18日・19日・20日と三連休となっていますが、18日・19日とグループでの予約で  いっぱいの状況です。

1月22日ー23日の釣果
先週は波も穏やかで、絶好の釣り日和でした。 釣果は、大野さんが53cmのコロダイを釣っていました。 Bイカダで岸側に投げてのヒットでした。 コロダイは、捕食後すぐに根に入って、また、強い引きのため釣りずらい魚ですが、大野さんは よく釣っています。 23日は、当たりがあり一瞬でハリスが切られたと言うことでバラクーダの当たりと思われます。 小物は、写真のアジが散発で釣れていました。写真は、高橋さん親子です。 また、同じ日に釣りをした、高橋さん・堀越さん親子です。 釣果は、アジ・サヨリ・キスと釣っていました。 アジ・サヨリ釣りで釣果を上げるコツは、仕掛けと、エサの大きさが影響します。 アジは、市販のサビキ仕掛けで7号・8号がサイズ的にはいいかなと思います。 本来なら、手作りで針は小さめ、ハリスは2号・3号で作れれば最高です。 サヨリも私は、チヌ針の06-08号を使っています。これが1号になると途端に食いが悪くなります。 針は小さめ・ハリスは多少太目(2-3号)が良いです。 エサは、最初は小さめにしてください。つれる魚の大きさを見てエサの大きさを変えてください。 サヨリは、できるだけ小さく5mm程度の大きさが一番です。 仕掛け・エサの大きさを変えて釣果UPを図ってください。

<<First Next>
ご予約・お問合せ  TEL : 086-848-5133 (日本語), 081-814-3541 (日本語), 081-928-5668 (日本語) E-Mail : jinda.ikada@gmail.com